FC2ブログ

介護トラブルについて多職種で考える

 本日は,「りくつなケアネット金澤」のペクチャー会にて,「介護トラブルについて」ということで法的な面からコメントさせていただきました
171010 りくつなケアネット金澤ペクチャー会 
 「介護トラブル」といっても,利用者本人と事業者のトラブル,本人と家族のトラブル,利用者の家族と事業者のトラブルと,色々な対立が起こりえます。利用者本人と事業者は契約関係がありますが,家族は本人と親族関係を根拠に介護するにすぎず,利用者の家族と事業者は法的には契約関係がなく直接の当事者ではありません。事業者にも色々な職種がおり役割も様々なので,介護事故において生じる法的責任も一概にはいえません。
 今回お話しさせていただいたポイントは,①すべきことをしていたことがわかる記録づくり,②支援者の連携でカバーし合いトラブル防止,③本人や家族との信頼関係がトラブルになったときにものをいう,④法的義務の有無にこだわらず本人を主役にした支援の視点を忘れないことです私自身もまたこのことを肝に銘じて,明日から進んで行きたいと思います
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

北島法律事務所・北島行政書士事務所

Author:北島法律事務所・北島行政書士事務所
石川県金沢市にある,弁護士・社会福祉士と行政書士による合同事務所です。
高齢者・障がい者の財産管理や承継(遺言)に関する問題をはじめ,家族に関する法律問題(離婚・相続),交通事故や債務整理,労働問題,各種契約関係、農地法の許認可申請など官公署への手続等について,お気軽にご相談下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR